(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(サイクリング)日和@北関東ツアー
ちょっと長くなりますが・・・9月12日と9月16日に遅めの夏季休暇を取り、その前半3日間を使い、ついに自転車旅行。
これまで日帰りのサイクリングやポタリングしかしてこなかったため、宿泊しながらの自転車旅は高校以来。
2泊3日の旅程と言うこともあり、PRECロードではなく(イメージとして)パンクしにくそうなGT-AVALANCHEで旅をすることにしました。
(1日目)
私が住んでいる町田は比較的起伏が多く、出発するのが大変です。
1多摩川 2玉川上水
まずは鶴川街道で多摩川に抜けます。今回は関戸橋ではなく多摩川原橋を通り、そこから20号を横切って、武蔵野市方面へ。以前も撮影した玉川上水の「いちょう橋」でパシャリ。武蔵野市-西東京市-新座市-朝霞市-志木市と東京から埼玉に入りました。そして荒川河川敷へ。荒川サイクリングロードはまだ走ったことないなぁ、などと思いながらさいたま市へ突入。
3荒川 4さいたま市遠景
ここからは、17号バイパスを北上します。
5国道16号と交差 6上尾駅
16号を跨いで、旧17号に入り上尾駅へ。その後もずんずん17号を北上。
途中お腹が空いたのでここらで・・・と小休止したのが鴻巣市。ちょっと看板を見かけたので、鴻神社に寄りました。
8鴻神社1 9鴻神社2
さて、食事。ちょっと調べたら鴻巣市の名物に「川幅うどん」なるものがある、と言う事で17号沿いの『小松や』さんへ。
小松やさん1 小松やさん2 小松やさん3
いやぁ、見た目のインパクト以上に美味かったです。さてさてさらに17号を北上して・・・と思ったんだけど、途中で折れて行田市に向かうことにしました。
石田堤 忍城
石田堤と忍城です。「のぼうの城」の舞台。ちょっと見てみたかったのです。
もうここからはひたすら北上。
利根川 渡良瀬川
利根川を渡り、千代田町-邑楽町-そして足利市へ。渡良瀬川も渡ります。
ついに到着したのは・・・
足利学校1 足利学校2
足利学校です。ここが初日のゴール。
1泊目は「足利健康ランド」。温泉もあり、一応宿泊施設もあり、そして安い。申し分なしです。
(2日目)
さて、2日目。この日は足利から土浦まで向かう予定です。
東武線 さらば足利
さらば足利。
みかも山 渡良瀬遊水地
佐野市から栃木市へ。以前栃木SCや栃木UVAFCとの試合(FC町田ゼルビア)の応援の際に見えたみかも山を横目に東へ。渡良瀬遊水地へ。ここを通って古河市に入ります。
遊水地には気球が。そして抜けたらレンガ塔が。まるでカリン塔のような・・・。
熱気球 レンガ塔
そして古河市。
古河市 古河市の町並み
日光街道古河宿の幟と町並み。
強い日差しが照りつける中、さらに東を目指します。
鬼怒川 桜川
暑さの中朦朧としつつ、鬼怒川を渡り、筑波山が見えてホッとしました。力をこめて自転車をこいでついに土浦市内へ。
桜川の橋上で休憩。
さて2日目の目的地は、亀城公園。
土浦1 土浦2
土浦3 土浦4
昔住んでた時には行けなかった場所です。
しかし、宿泊先はまだまだ遠い。国道6号を南下して柏を目指します。
途中、「やぶ砂」さん(荒川沖)で天ざるを頂きました。
やぶ砂
2泊目は「柏健康センター みのりの湯」に。ここも中々良かったなぁ。
(3日目)
3日目はもう帰るだけなんですが、柏からだと結構距離が残ってます。
まずは、柏-松戸と進み江戸川を渡り三郷市に入りました。
edogawa スカイツリー 隅田川
危うく道に迷いそうになりながら、足立区からスカイツリーを眺め、隅田川沿いへ。さらに、新宿へ。
新宿 新宿2
あとは20号から、鶴川街道そして足の具合を考えて多摩サイ-関戸橋と入るつもりが、間違えて是政橋。
と、多摩市内を抜け鎌倉街道を激走し、やっと帰宅。
サイコンを見たら、時間としてはそれほど走ってなかったものの、距離は中々。
17時間半で315.75km。
1日で行っちゃう方もいるんだろううけど、僕にはゴツい旅でした。
時間 距離
(最後に)
初めての宿泊旅でしたが、楽しかった・・・。
意外と疲れが出なかったポイントは、早く出発し早く宿泊地に到着し、早く寝たこと。健康ランドはある程度自由に入浴できるので、それも良かったのかも知れません。
冬の旅になるとさらに荷物が増えると思うので、バックパックも再考しないといけないなぁ。ちなみに今回は「ドイター アドベンチャーライト9」という小型のものに詰め込みましたが、ギリギリだったなぁ。
という反省を踏まえつつ、次の旅に備えたいと思います。
スポンサーサイト
(ゼルビア)日和@長野…
8月の最後の日。
有志と連れ立って長野へ。

難敵、長野との試合は夕方からと言うことで、ゆとりを持って町田を出ました。

途中、圏央道、関越道、長野道と移動する中、天気も微妙なところもあったりして不安がありましたが、着いてみれば、好天に恵まれました。

長野で食べ物と言ったら…と思い浮かんだのは、やはり、お蕎麦と言うことで、「蔵の内」さんへ。
グループの食担当、と言うことで、お蕎麦と天丼のセットを。
いゃあ、美味かった。

そして、試合…
勝又選手に先制を取られ、そして、追加点も。
先週の前節の琉球戦は右、そして勝又選手には左のポスト際を突かれました。ほぼ同じ形。ギャップを研究されていたのでしょうか。

悔しいのは、もう今年はリベンジする機会がないこと。

これまで2試合分あった勝点差がこの2節で一気に無くなりました。

ここからはさらに三つ巴の厳しい戦い。
一つも落とせない神経戦。

まずは、明日しっかり点を取って勝ち切らないと。
(ゼルビア)日和@久々…
だいぶん間が空いてしまった。
どうも文章が苦手なものだから、ね。

さて、私自身としては久々のアウェイ戦。
藤枝MYFC戦でした。

これまでの間、天皇杯予選やら、天皇杯1.2回戦やら、大森FCさんのTMやらと色々見に行っていたんですが、やっとゼルビアです。

これまでのところ、まだ1敗をキープ!してるとは申せ、藤枝と言うのはどうも昨年の印象が強く、開幕戦は快勝したとはいえやな相手だなと思うておりました。

試合は、ご存知の通り、超劇的な幕切れで勝ち点3をもぎ取ることができ、同行した皆さん共々、ホクホクした気持ちで帰路に着くことができました。

何より、長野が引き分け、金沢が敗戦した中で、苦戦したとはいえ3を積み上げることができたことは、一番の収穫だったなぁ、と。

ただし、やはり夏場は厳しいコンディションになりますね。
どちらが最後まで立っていられるか、みたいな戦いになります。

そんな中で、新たな選手の加入はありがたい。もちろん競争も激しくなるだろうけれども、そこはプロだから。

次節は、急に安定感が増して来たG鳥取が相手です。正直なところ、太田康介選手を擁する金沢が今節あんなにとられるとは思いもよらず、とても不気味です。

ですが、最後に笑うためにも、ここは堪えどころ。しっかり跳ね返して、逆に突き放して欲しいと思います。
藤枝戦の粘りを、もう一度、頼む。
(ゼルビア)日和@金沢
5月23日、金沢。昨年に引き続き今年もアウェイに参戦することが出来ました。

今回のアウェイ戦は首位攻防戦で、第2クールに入ったばかりとはいえ、重要な一戦。
(もちろん、どの相手でもどの試合でも重要な試合なんですけれど)

個人的には今年初めての長距離遠征。
金曜日の夜11時に町田を出て、翌朝に金沢着という、平均年齢高めの一団としては中々のハードスケジュール。その間ずっと運転して頂いているKさんには頭が下がります。(心の中でそっと感謝しています、この場を借りてお礼申し上げます)。

さて、アウェイの楽しいところは「食べること」はもちろんなんだけども、それよか、普段ホームではなかなか難しいゼルボラさんたちとも一緒に応援できること、だと思ったりしています。

そんな訳で、アウェイでは一層負けたくないんですよね。

この日の金沢さんのホーム側G裏のど真ん中には「太田康介」選手のダンマクが掲げられていて、なんとなく睨まれている感もあり。余計に負けたくなかったですよ。
さて、試合の方はというと、ちょっと最近入りと終盤にはらはらする事が多くて、なんとなくこの日もそんな展開が・・・。
ただ、攻めるときのパス回しなんかは結構はまっていた様に感じます。
だからこそ、先制点を奪う事が出来たのだと、あらためてJ3サイトを見て感じました。
危ないシーンも修行選手やDF陣の頑張りと、クロスバーなんかにも助けられて、どうにか0封できました。

そして、この試合がどれだけ大変で重要でそして嬉しい勝利だったか、というのは試合終了後の我がG裏の雰囲気のなかであらためて強く感じることができました。
本当に良かった。勝ち点3を持ち帰ることが出来て。

さて、そんな感じでいい気持ちで終える事が出来たので、我々一行は金沢から翌日の中央大学とのTMに直行という流れを選択。

強行スケジュールだったけど、このTMを見に行けたこともよかったなぁと。

リーグ戦で中々試合に出られていない選手たちも、結構動きが良くて、2日連続でゼルビアを楽しむことが出来ました。満喫でした。

次は近場とは言え、またもやアウェイのYS横浜戦。
前回の対戦では、色々とありました。ドローゲームでした。
今回はしっかり勝って、まだまだ続くシーズンの中でも一番きついであろう、これからの季節を乗り越えていってほしいと思います。
(ゼルビア)日和@第3節
3月23日(日)。今年初めてのアウェイの試合でした。

相手はYSCC横浜さんですから、アウェイといっても三ツ沢でめちゃめちゃ近い。
そんなことから、自転車でゆるゆる出かけたのです。

1時間半位で着いてしまったのは、ちょっとした驚きですが、よくよく考えたら昨年は2回(保土ヶ谷での横浜FCさんとのTM入れれば3回か)自転車で三ツ沢に出かけていたので(YSCC vs ソニー仙台戦、高校サッカー)、 道に慣れてしまったのかも知れません。。。

びっくりしたのはスタジアムDJさんがゼルビアの事を調べていてくれたこと。やはり嬉しいですよね。

さて、試合。結果からいえば1-1で引き分け。
ま、色々とあるんだけれども、一番悔やまれるのは、開始早々に許してしまった先制点です。
あそこで取られてなければ、もう少し試合展開が違ったのかな、と思うと・・・ってことと、長野の時はきっちり締めていたサイドから崩されたという印象があったこと。
ゼルビアもしっかり追いつきましたし、10人で戦わなきゃならなくなってからも、めちゃめちゃ押されているという感覚でもなかったわけですが、かといって、押しきれるわけでもなく人数が足りてればなぁ。と。
ただ相手のパス回しも中々手強いうえ、1人欠けた中でよく押し切られなかったな、とも思います。
試合内容としてはちょっと荒れてしまったところはありますが、それでもお互いに良さを出しあった、中々の試合だったのではないかなと、振り返ってみると思う次第。
そんなわけで、早々に点を取られたのが、やはりもったいなかったと悔やむわけです。

まだ、YSCC横浜さんとは2試合あるので、残りをきっちり勝ってもらいたい。


そして次節は、「武相決戦」などと銘打たれた、お隣さんとの対決です。

いぁ、なにが悔しいって昨年度の最終節です。これまた自転車でシャカシャカ駆けつけた味スタ西ですよ。
第一次相馬監督時代の最終戦、布引でのMIO戦もちょっとこたえたけど、昨年のはその比ではないです。

頼んます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。