(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(サイクリング)日和@境川上流あたり
5)さかいがわが見える橋

先週の多摩川に続き、今週も上流シリーズということで。
といっても、家を出て相模原市に入るまでは、「宮ヶ瀬まで!」という予定だったんですけど。。。
いかんせん、遠くに見える山並みの上の空が暗い、暗い、黒い。と言う事で予定変更。
「そう言えば境川の上流見たことないな」と言う事で、本能の赴くままに町田街道を遡上しました。

完全な湧水点ではないけども、天気の都合もあり、この辺りが妥当だろうというところから、南下することにしました。
1)境川上流点
武蔵川団地の裏手にある貯水池。どうやらこの辺りが上流点といえそうです。
その証拠に・・・
2)水ノ口バス停
武蔵川団地の前のバス停の名前は「水ノ口」。
地名は体を表す。ということでしょう。

この周辺はちょっと整地されていて、綺麗な水辺が形作られていました。
3)境川上流域1 4)境川上流域2
鴨を撮影しようと思ったら、さささっと飛んでいかれてしまい、撃沈。

気を取り直して。
相原の辺りはまだ「境川サイクリングロード」ではなくて、ただの川沿いの道、なんですね。
と言う事で、「境川CR」は何処から始まるのか、という新たなテーマを胸に南下します。

6)16号?
国道16号を潜ります。
まだこの辺りは、境川も細く、うねうねとくねった流れです。

7)京王線高架下(多摩境)
京王線の多摩境近辺の高架下。これも潜ります。
境川CRの姿も見えず。

めげずに進んでいくと。。。
8)境川CR起点1 9)境川CR起点2
おもむろに、出たー。境川CR起点の標識。共和橋ですかね。
ちょっと感慨深いいです。
ここまでの道のりもちょいちょい舗装されてるところをみると、もう少し延伸されるのかしら。

ここからは、整地された境川CRを一気に下ります。
10)市役所
我らが町田市役所の姿を眺め。

11)幸延寺橋
幸延寺橋まで。ここをゴールとしました。
雨も強くなってきていたので、びしょぬれになって帰路へ。
といっても、ここから家までまだ距離があるんですけど・・・。

さて、続きは来週の予定です。
会社の同僚とサイクリングすることとなってます。
町田から江ノ島へ。
「待ってろ!生シラス丼!」
スポンサーサイト
(サイクリング)日和@多摩サイ
あさひと言う自転車屋のオリジナルブランドに、プレシジョン・トレッキングという自転車がありまして、その関連のブログとしては超有名なbaohさんのブログを日々楽しく読ませて頂いてるんですが、そこに「多摩川サイクリングコース」が頻繁に出てきます。

僕としてもなじみが深いのですが、先日のブログに「多摩川を登る」的な記事があり、触発されてしまいました。
いつも、大森・六郷・川崎など、下る一方だったので、たまには逆もいいだろうと。
8月16日土曜日です。天気は徐々にぐずりだすと言った具合でしたが・・・。

なじみがある、とはいえ我が家は町田。多摩川に出るには少し、距離があります。
1乞田川 
2関戸橋 3多摩川
まずは、鎌倉街道からニュータウン通りへとでて、関戸橋へ。
春先の乞田川は桜満開の花道でしたが、夏のため涼しげな緑の沿道でした。
関戸橋もこれまで何度か渡ってきましたが、ここから川沿いを走るのは初めての体験でした。

4是政・昭島ルート 5是政・昭島ルート
関戸橋から上流へ。途中公園のようなところに迷い込みました。
多摩川沿いの道は、実はいくつかのエリアに分かれていて、それぞれ名前が付いているそうです。
今回は、是政・昭島ルートを通ることとなるようです。
ちなみに是政橋以南には是政・二子ルートという名称が付いているそうです。

6堰があった
途中、少し小さめな堰をとおり・・・

目指したのは、
7羽村堰下橋
羽村堰下橋。ここは、多摩サイの東京側「多摩リバーロード50」の終点との事。
南はよく行っていたけど、とりあえずこれで縦断した形になるのかな?
橋からの景色は、
8羽村堰 9羽村堰下橋から下流を写す
このような感じです。左の写真の右側に見えるのが、羽村堰だそうです。

源流まで行くのは中々大変そうだし、雷も怖かったのでこの日はこれで帰ることとしました。

そう言えば、高校時代に友達と日原鍾乳洞に行ったけど、あの辺りが多摩川の上流だったのかしら??
などと思い出しながら帰路に着いたのでした。
(ポタリング)日和@鶴見川(上流)
昨年の7月に鶴見川の河口までサイクリングに行った訳ですが、年が明けてじゃあ、鶴見川の湧水点はどうだったかなということで、ポタリングに出ました。

スタートは袋橋。そこから山崎方面に向かいます。
スタートは袋橋 山崎方面へ
柿生方面からずっと上ってもうこの辺りは川幅は狭いのです。

すこし上流に行くと鎧堰跡があります。これは調べようかな。
鎧堰掲示板 鎧堰

護岸工事をしているため鶴見川沿いの道を進めず右往左往。
結局、津久井道を図師に出て鶴見川に合流。
図師付近から上る 遊水地
遊水池に出ました。一瞬ここかと思ったけども違うね。

さらに上流へ。日大三高を過ぎもっと上へ。
ありました湧水点。
湧水点 湧水点2
昔すぐそばを車で走っていたけど、知らなかった…。
それにしても綺麗に整ってしまってびっくり。

小山田の辺りで、鶴見川は色んなところから集まってきているらしく。
この辺もかな
分かりにくいけどこんな感じに、湧水点ぽい所も点在しているみたい。

自転車に乗り始めて分かったけど、結構知らない場所とか、よく通ってるけどじっくり見ると…
見たいな場所が結構ある。
町田の知らない場所、まだまだありますね。
(サイクリング)日和@正月休み
PREC GT
今年の年末年始は、カレンダーどおりでもかなりの長期休みとなり、この2台をどうやって使い分けるかなどと考えながら、サイクリングしようと考えていました。

まずは12月28日高尾山。基本的には一般道を行くため、PREC-Rでサイクリング。
浅間下バス停 浅間下の道
始まりは小野路から浅間下、そして尾根幹道へとぬけます。
南大沢あたり 絹の道入口
尾根幹道からニュータウン通りを抜け南大沢へ。
そこから野猿街道へと向かい、さらに絹の道へ。

絹の道を進むと、記念館がありました。さらに進むと御殿峠に抜けることが出来ます。
絹の道記念館 御殿峠

国道16号を走りぬけ、北野街道、そして高尾駅へ。
JR高尾駅踏切 京王高尾山口駅

高尾山口へと向かい、目指したのは高橋家。そう、前回の深大寺と同様、そばを食べにきたのでした。
高尾山と言えばとろろそば!と言う事でじっくり頂き帰途に付いたのでした。
高尾山口 高橋家とろろそば

続いては12月31日。この日は河川敷を進むこともありGTの方で行きました。
津久井道を東京方面へと向かい、多摩川へ。
1)東名と多摩川 2)多摩川CRから
多摩CRを下り、目的地へ一目散。

目的地はここ等々力競技場です。
3)等々力競技場入口 4)さあ試合
高校サッカーを観戦に来たのです。試合結果はご覧の通りでした。
5)第1試合 6)第2試合

最後に1月3日。この日も河川敷とロードの混在なのでGTで進みます。
1)緑青葉インター
鶴見川CRを下り、次第に見えるは緑青葉インター。
さらに下ると・・・
2)日産スタジアム 3)ニッパツ三ツ沢
日産スタジアム。しかし目指したのはニッパツ三ツ沢球技場です。
この日も高校サッカーの観戦。結果は・・・。
4)第一試合 5)第二試合
ご覧の通りでした。熱い闘いを観戦した後は、サササと帰途へ。
鶴見川から恩田川へと入っていくと、見えてきたのは長津田タワー。
6)長津田タワー
暗くはなりましたが、どうにか町田に着くことができました。

と、この9連休のうち3日、サイクリングを楽しめました。
サッカーも絡めると楽しさ、さらに倍増!
しかし、どっちの自転車にもよさがあって、使い時を悩みます・・・。行先を決めた上でどちらに乗るか、それともどちらに乗るためにどんな予定を立てるか。悩みどころです。
(サイクリング)日和
少し久しぶりに、PRECに乗ってサイクリングです。

IMG_0596.jpg IMG_0597.jpg
ゼルビアvs相模原戦以来の多摩川を渡ります。

今日の目的は、蕎麦。片道約15kmかけて食べに行きます。
IMG_0598.jpg
深大寺の「矢田部茶屋」さんにて、天ぷらそばを頂きました。

折角ですから、深大寺にお参り。実は正月には来た事がありません。。
IMG_0600.jpg IMG_0599.jpg

IMG_0601.jpg IMG_0602.jpg

IMG_0603.jpg IMG_0604.jpg
車への安全祈願もしていました。光景を見るの初めて。

IMG_0606.jpg IMG_0605.jpg
参道には、「鬼太郎茶屋」が。。。

帰りはちょっと、野川沿いのサイクリングロードに寄り道。
甲州街道まで出て、鶴川街道を戻りました。
IMG_0608.jpg

中央道を越えた富士見から深大寺入口までは道が綺麗になっちゃっててびっくりしました。
あと30kmで、PRECに乗り始めて1,500km。
今週末から、年末年始休みに突入だから、年内にはパスできるかな。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。