(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ゼルビア)日和@2010/9/23
今日はゼルビアの試合はありませんでした(9月26日栃木UVA戦です)が、重要な試合がありました。

ジェフリザーブズ vs HondaFC戦
です。

前節で、Hondaが勝利しゼルビアが敗北したため、この試合前の順位は、3位Honda・4位ゼルビア となっていました。

そして試合結果 ジェフR 1-0 Honda

そう、ジェフRが勝利しました。
ツイッターやJFL公式を見ていた限りでは、攻めるH、守るJという感じでした。
結果としてPKで得た1点をジェフが最後まで守り切った、と言えそうです。
天候的にも厳しく、応援に行かれたどちらのサポーターの方々もご苦労様でした。

この試合結果によって暫定順位は、3位Honda・4位ゼルビア と変わりませんが、26日の栃木UVA(AWAY)戦でゼルビアが勝利することにより、3位へ再浮上することが出来ます。
是非是非勝利を掴んで、再浮上を!

また、もう1試合、MIOびわこ草津vs佐川印刷戦は、2-0とMIOが勝利。
両試合とも順位的には下位のチームが上位を食った形となりました。

さて、話は変わります。
今、会社のレッズサポの同僚から、大住良之さん著「浦和レッズの幸福」という本を借りて読んでいます。
浦和レッズがJリーグに参加することとなった経緯や、レッズサポーターがどういう風に作られていったのかなど等とても興味深いです。
元々の浦和市は人口47万人。ちなみに町田市は42万人。大して変わらない数。
そこにあれだけのサポーターが集まるというのは、やはり凄いことだと思います。
色々参考になることがあるかも知れない、なんて考えながら読書中です。

そういえば、J発足当初は浦和にはHondaが来てたかもしれないんですね。
現時点としてJFLに身を置くチームを応援している身としては、やはり興味深いところ。

さて、さらに話は変わります。
今週は久しぶりにサッカーダイジェストを購入しました。
宇都宮徹壱さんが、ゼルビアを題材に記事を書いておられたからです。
きっとゼルビアファンの皆さんも購入されたのではないかな?と思いますが。

その中で気になったのは、記事の中にあった表。
鳥取・町田・長崎・松本の4チームのJ予備審査に関する比較表です。
今、Jリーグでは財務問題で苦労しているチームが幾つかあります。しかし、その比較表を見る限りでは、将来の財務面よりも箱を重視したとしか考えられない感じに受け取れます。
悪意に取れば「自分の手(金)を汚さないで箱を手に入れようとしている」とも取れます。

先日名古屋グランパスの試合をBSで見た時に、野津田を回収したら瑞穂みたいになるんだろうなぁ、と思いました。
もちろん1万人以上の規模の観客を入れるのにはある程度の器は必要なんだけど、サッカーを楽しむという点を考えてみると、言い換えるとサッカーを楽しむ文化や環境を構築するというJの理念に照らすと、十分に対応できるスタジアムは沢山あると思います。

何で立派な箱が必要なんでしょうか…。
まぁ、謎は深まるばかりです。

いずれにせよ、現時点で僕に出来ることは応援することだけなので、まず26日に参戦してしっかり応援してきます。

俺たちの蒼き誇り、頑張れゼルビア!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。