(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ゼルビア&ゼノレビア)日和@~2011/10/23
崇文選手

10月23日の試合というのは、どこから続いてきたのだろう。
なんて、試合終了後に思った。まだまだ、リーグ戦は続くんだけどね。

さて、今日の日記の初めは、ちょっと書いていなかった例の試合から始めないと。

それは、10月19日のU22代表練習試合。
野津田に東選手やら柴崎選手やら、永井選手やら、将来の日本を背負うであろう方々が
来たわけです。
そして、対するは、わが町、町田を背負って立つゼルビアの選手たち。
練習試合と言う事で、戦術の確認やらとゆったりとした試合になるのでは?
と思っていたんだけど、超ガチンコマッチになってしまった。
観戦者も約4000人もいて、しかも普段の客層と明らかに異なる方々多数。
そして、半分はゼルビアサポ。ん?平日だよね。とかいう気遣いは無用。

試合のほうは、ご存知の通り3-1で負けてしまったんだけど、レギュラー組モチベーションは高かったし、後半は久利選手や大竹選手も試合に出て、復活をアピール。
いやぁ、次につながる試合だなぁ。
こんな試合が見られて良かった。上司に感謝。
そして、ゼルサポ以外の半分でも、佐川戦に来てくれると嬉しいなぁ・・・とか思いました。

10月21日は、支える会のPJミーティングに出席。
こぉーっそりかき集めた資料などを携えていったんです。バスの運行路線図とか、時刻表とか。
でも、よくよく考えたら、まず何をするかを決めるのが先だと言うことに気づいてしまいました。すいません。
30名近くの方がご出席されて、色々と意見を出し合いました。まだ、決定しきれないところもあります。
次回は10月28日とのご連絡を頂いたので、できる限り出席したいと思います。
麻溝をいっぱいの青で埋めたいですね!
頑張りましょう!

10月22日は、ゼノレビア。スターさん主催のチームクリニックでした。
ご指導いただいたのは、石黒さん。本当にありがとうございました。
天候は生憎の雨…というか土砂降りだったんだけど、熱心にコーチをして頂きました。
凄い楽しかったです。
まさか、あんなに本格的な練習が出来るとは思っても見なかったし、何より、自分のトラップの下手さ加減もよくわかってしまったw。
1対1のウォーミングアップから、2対1・4対1・そして5人でのパス回しなど、超盛りだくさん。
最後のゲームでは、ちょっとだけ習ったことを活かせたかな?とか。
また機会があったら、是非、参加したいです。

そして、10月23日。
今期首位を走る佐川滋賀との大一番。
この試合は、ゲーフラ祭り開催と言う事で、前週に材料を買い集めて、ゼノレビアの後に作成をしました。
皆さん、思い思いの字や絵を書き込んでられましたね。
僕も、せっせとミシンを使って作りました。危うく指も縫いそうだったけど…。
書いたのは「共に 上へ」。
いつもの旗(通称「Z旗」)も携えて、G裏で応援しました。

試合は、白熱と感動の展開。
試合開始直後に、酒井選手のゴールが決まった時は、「えっ?」という若干の戸惑いと、「よし!行ける!」という思いが一緒になっちゃって不思議な気分でした。
しかし、そこからが厳しい試合だった。流石首位のチーム。一点取られただけでは、びくともしない。
何だろう、ボールに迫ってくる迫力や勝負への執念や、それぞれのメンタリティが凄い、と感じました。
それが、終了間際の同点にされた場面に集約されたのだと感じています。
まさに、昨年と同じような展開…。

し・か・し、この試合はゼルビアが勝者となりました。

勝負への執念、この点ではこの試合ゼルビアは負けていなかった。サポーターも。
劇的な、崇文選手の決勝ゴール。94分。
蹴った先は、僕らが見守る佐川ゴール。

ゴール裏だけではない、メインもバックスタンドも、ドーっという沸きかえり。

前期の試合でも悔しい思いをしたよ、昨年の最終戦でも悔しい思いをしたよ。
目の前で同点にされたあの悔しさ。

でも、昨日のゴールとスタジアムの沸き方、なんか、悔しさも吹っ飛んだ。

さぁ、一つ乗り越えた。次は長野が待っています。ここからの試合は全てが大一番。

共に上へ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。