(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ゼルビア)日和@ジェフ戦
2012年5月13日
vsジェフユナイテッド市原・千葉戦

ジェフユナイテッドと言えば、まず思い浮かべたのは、昨年まで活動をしていたリザーブスでした。
一昨年は東総へ、そして昨年は鴨川へ応援に行ったなぁ。と。

そして以前、と言ってももう5年位前になりますが、仕事で市原市役所を訪れた際に、ジェフユナイテッドのユニフォームなどが誇らしげに飾ってあったのも思い出しました。
それまで、Jリーグは単なるプロリーグだと思ってたんだけど「地元の誇り」なんだな、とその時に改めて感じましたなぁ。


この試合、ビッグフラッグ隊の方(Fやんさんね)に声をかけて頂いて、手伝わせて頂きました。
選手の練習時はゴール裏にて声出し→入場時はビッグフラッグ隊のお手伝い→ゴール裏に戻る、とこんな感じです。

さて、試合。
これは、結果から言うと、惨憺たることになってしまいました。
まず前半早々の失点。これで前がかりになるゼルビアに対し、カウンター一発で返され。
スコアは1-6に。
ポゼッションでは圧倒していても、フィニッシュまで至らず、と。
相手のカウンターパスは精度と速度があって、スパンって感じで繋げられてしまいました。

弱点を突く。勝負の鉄則。そういう意味ではこの試合、ジェフはゼルビアの弱点を綺麗に炙り出してくれました。だからここからは。。。
昨年だって長崎戦の大敗からこの舞台まで上がって来たんだから。


さて、2010年の野津田での松本山雅との試合、相手のいわゆる声出しサポーターの数を見て、ヤバいと感じたのを覚えています。
そしてこの試合。ジェフサポーターさんの迫力、流石でした。
そして、ちょっと悔しいのです。

ゴール裏の末席を拝する者として、もしこの試合で、はたまたこれまでの試合、何か感じた方が居られたら、一人でも二人でも、百人でも、一緒に応援して頂けたら嬉しいです。
僕はクルウ゛ァさんでもクンウ゛ァンチェロスさんでもなく、ただの一サポーターではありますが、それを受け入れてくれる位の懐がここにはありますから。



最後に、この試合は藤田泰成選手にとって、J通算100試合とのこと。
凄いと思います。
おめでとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。