(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(サッカー)日和@2010/12/5
12月4日・5日というこの週末は、サッカーな2日となりました。

4日は、昼からネットで地決を観戦。その後、J1の神戸浦和戦を観戦。
5日は、ネットで地決の本当のファイナルを観戦。

まず、J1の試合は神戸の気迫やサポーターの想い。凄かったと思いますし、結果にも現れたと思います。
吉田選手の涙がそれを物語っていましたね。

地決は、来年のゼルビアの対戦相手を決めるという意味でも重要な戦いでした。
結果は、讃岐と長野がJFL昇格。三洋洲本はアルテ高崎との入れ替え戦となりました。
個人的には、この1年戦ってきて、最終戦の帰りのSAで当日の試合に敗れたにもかかわらず声をかけてくれた、高崎の選手たちの応援をしたいなと思います。

さて、日本のサッカーはピラミッド構造となっているとよく言われます。
当然J1を頂点にした三角形です。

この2日間の戦いを見て感じたこと。
それは勝ったチームが上がり負けたチームが下がる。これがピラミッドです。
しかし、実際にはJ1・J2は勝敗で上下し、地域LとJFLも勝敗で上下しますが、JFLとJ2の間には『条件』があります。
だから、実際には純粋なピラミッドではなく、おでんみたいな構造(または樅の木)だと思います。

さてさて、日本はオリンピックの招致に失敗し、W杯招致も破れてしまいました。
世界のサッカーがまた見られると思っていたので残念です。

それはさておき、この環境の中、もう大きなスタジアムは不要ではないか?と感じてしまいます。
むしろ、小規模・中規模でもいいから、応援するチームの試合を家族でゆっくりと楽しめるようなスタジアムを作って、ファンを拡大していくことの方がとても建設的だし有意義じゃないだろうか?

例えば、試合までは近くの公園で家族でわいわい遊んだり、仲間とフットサルをしたりして過ごして、いざ試合になったら豪快に応援して、試合後は選手たちと交流が出来るようなそんな雰囲気のスタジアム。
町田を応援していて、試合前の雰囲気など見て、そう思いました。

そして今年は町田を応援して、今までに行った事の無い土地にも沢山行けて、美味しいものも食べてとても楽しい一年を過ごすことが出来たなぁと感慨に浸っちゃうんですが、こういうのもサッカー文化の一つになるんじゃないかなぁ。

大きな箱を作ってガラガラよりも、小さな箱でも満員の観客の方が迫力もあるし。

来年のJFLは北は秋田・仙台・金沢から四国・九州・沖縄まで、本当に全国が戦いの舞台になりますね。
どこまで行けるか解らないけど、とても楽しみな一年になりそうです。
そして、チームの目標でもあるJ昇格が出来れば、なお嬉しい。

そういう楽しみの上に成り立つのがサッカー文化ではないかなぁ?

長い間チームを支えてきた選手をあっさり切ったり、ビジョンを掲げる監督をすぐに解任したり。
(これは何処のチームにも言えるんだけど…)
サポーターやファンを大切にしないと、サッカーは衰退するよ。
いくらW杯を開催したって、全く意味の無いものになる。

その内、Jの観客動員数よりも地域リーグやJFLの観客動員数の方が上回る時代になるかもしれないね。
むしろ、その方が健全なサッカー文化かも知れないけど。

スポンサーサイト
コメント
コメント
もっともですね。
JFLで18チーム、地域リーグは1部だけで74チーム(2部がない地域もありますが)、都道府県リーグはそれ以上あるわけですから観客数はJと逆転するのが正しいような気がします。
2010/12/06(月) 08:50:15 | URL | kaishain110 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://toshimasu.blog129.fc2.com/tb.php/153-4f864236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。