(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ゼルビア)日和@2011/8/27
優勝の表示


イキナリの手振れ画像…

8月27日は、ゼルビアにとって記念すべき日となりました。
第16回東京都サッカートーナメント決勝戦。そして天皇杯本戦出場をかけた試合。

そう、ゼルビアは優勝しました。

と、その前に、本日の対戦相手だった専修大学の皆さん本当にありがとうございました。
先日の準決勝を生で見て、とんでもなく強いチームだと感じていました。正直に言えば戦々恐々としていました。
早いし、巧い。スペースに走りこむ事を常に予測して出されるパスとそれに応える動き。
そして、大胆に打ち込んでくるシュート。対戦相手じゃなければ、じっくり見てみたいゲームです。
大学リーグ、頑張ってほしい。あのサッカーは見る人を惹きつける素晴しいものだと思います。
そして、試合後のエールありがとう。



熱い試合というのは、強い相手がいてこそ成立するものですよね。
決勝戦は、途轍もなく熱い展開になりました。


我がゼルビアは、前半先制されました。
流れの中から、最後にはスーッとDF陣と修行選手の手をすり抜けて、ゼルサポの見守る目の前のゴールに入ってきてしまいました。
そう、突き刺さると言うよりも、しっかりとコースを狙って蹴ったシュート。
ああぁっという声が、サポーターに中に広まったと記憶しています。

しかし、その4分後、そのサポーターが歓喜の渦に巻き込まれました。
北井選手の果敢な突っ込みからPA内でファールを得てPK。
それを勝又選手がきっちり決めて同点に。

そこからが長い闘いになりました。
両方ともパスを繋ぐサッカーなので、一時も気が緩められません。
応援する側も気を緩めることが出来ない、引き締まった試合でした。

後半終了間際の、めまぐるしく攻守が切り替わる緊迫感はもう・・・。胃が痛いです。

そして、延長に突入。
お互いがそのいいところを発揮して、せめぎ合う。しかし得点は両DF陣が体を張って許さない。
そんな最中の延長後半、我がGK修行選手に大アクシデント。それまで、専修大学の素晴しいシュートを神がかり的なセービングで防いでくれていたのに、延長戦の最後に相手選手と接触して、後から聞いた話しでは頬骨を骨折したとか…。気がかりです。

交代枠を使い切っていた為、GKの交代が出来ない中、修行選手は最後までゴールマウスを割らせませんでした!

そして、PKへ。

負傷したままゴール前に立った修行選手。対する一人目は、町田選手。専修大学の選手の中でも最も怖い選手。
しかし!修行選手がまたもや神がかり的なセービングで止めた!

その後は、両チーム共に全員が決め、最終的にはPK5-4で勝利できました。

表彰式

優勝カップ!
優勝カップ!

初めて生で見ることが出来た初タイトル!
おめでとう!
このテロップをリーグ戦最後にも見たい!!

本当に長い一日だった。


そして、本戦の第1回戦は山梨代表、山梨学院高校とのこと。
決して高校生だからと言って侮ることが出来ないチーム。

来週は甲府へ。

この一週間はまた落ち着かないなぁ…。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://toshimasu.blog129.fc2.com/tb.php/211-a671b34f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。