(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ゼルビア)日和@金沢戦
野津田

たいてい野津田での試合のときは写真を撮り忘れてしまうんだけれど、この日は今年の野津田での最終日。
ちゃんと撮りました。まぁ試合中の写真は撮れていないんですけどね。

さて、ちょっとだけ選手のモチベなんかが心配になってしまった試合前。

ところが、選手たち気合十分で試合に臨んでいましたね。失礼なことを考えてしまったと反省しました。

前半、結構前がかり気味に試合を進めて、徹也選手の惜しいシュートや康介選手の惜しいヘディングなどもあり、得点の匂いがしていたんだけど、スコアレス。

後半に入るとお互いにせめぎ合う中、ちょっとしたミスとアンラッキーから金沢にPKを与えてしまって、先制をされてしまいました。
でも、選手達は下を向くことはなく、それまでよりも一層エンジンがかかったような感じがしました。
失点からさほど間を置かず、流れの中から相手を崩して最後は隆人選手がゴール!同点!
さらには、またも相手をうまく捌きながら、同じく隆人選手が追加点!

金沢も中盤でパス交換しながら、最後は外にはたいてと言う感じで攻めてきて中々厄介な時間帯もあったけれど、DF陣が体を張って守りました。

最終戦の相模原戦は味スタ西のため、最初にも書いたけど野津田の今期最終戦。
先制されて無事ではなかったけれど、最終的にはしっかりと勝利を飾ることが出来ました。
いや、本当に良かった。きっと来期につながる勝利だと思います。

そして残るはあと2試合。福島には借りを返し、相模原には意地の勝利を。
(ゼルビア)日和@秋田戦
さて、11月3日に行われた秋田戦です。
僕は行くことができなかったので、具体的な内容はわかりません。

ゼルビアを応援している身としては、元ゼルビア戦士の番長や半田選手がいるチームであり、何となく毎回苦労させられるなぁという印象が強いです。

この日の試合も、先制して追いつかれ、逆転されて追いつく、という胃がキュッとする試合。
目の前で見ていないだけに、こう脳内でぐるぐると回るような感じでした。
しかも、最後の最後によく追いついたと本当に思います。

結果、2-2の引分けに終わり、そして他会場の結果から、、、
今年度のJ2昇格は消滅することとなりました。
とはいえ、残念ではありますが、いや、とても残念ではありますけれども、まだ試合が残っています。

お隣さんがすぐ下につけていたり、次にやる金沢もそのすぐ下にいます。
今年の開幕戦でやられた福島との対戦もあります。

悔しいけど結果は結果として受け止めて、いったん胸(いや腹か)に収めて、残りの試合を選手たちが少しでも気持ちよく戦えるよう、もちろん自分のできる範囲ではあるけれども、しっかり応援しようと思います。
(ゼルビア)日和@UVA戦
UVA結果

うっかり先々週はブログを書き損じてしまい・・・。
結果は芳しくない試合だったのだけれども、書き忘れたのはショック。

と切り替え切り替え。

先週は、栃木UVA戦(ホーム)。そう、長いアウェイを闘いチームが野津田に帰ってきました。

さて、UVAというと個人的には、今年の春先のアウェイや2年前の悪夢のアウェイなどもあり、あまりいい思いがありません。

この日の試合も、先制されるところから始まり、心臓がキューっとなりそうな展開。
しかし、ちょっとこれまでと違うのは、失点されてから時間をかけず孝司選手のゴールで同点。
そして、前半のうちにこれまた孝司選手がPKを奪取して逆転に成功したこと。

後半には白谷選手が入ったことで、前からのプレスがやたらと利き始めた印象があります。
あの追いかけはよかった。相手は、キーパーでさえも、あわてたのではないかと思います。
UVA得意のカウンターをさせない前からの守備。
このお陰で相手のDFラインが下がったために、アンヂー選手のゴールが生まれたように思います。

孝司選手も前で追うタイプの選手だから、後半は特に2人のFWが相手を追い詰めてくれました。

結果、(個人的に)苦手なUVAに3-1で逆転勝利。

リーグの上位陣がそろって勝っていましたが、離されることなく付いて行くことができました。
途中で隆人選手など何人かの選手が痛んだ様子だったので心配ですが・・・。

さて、再来週は長野との直接対決!
もちろん相手は強いけども、アウェイだからこそしっかり勝って、残りの弾みを付けたい!
(ゼルビア)日和
9月22日は、HOYO大分戦。先週のある意味衝撃的だった敗戦から一週間。
ただし僕自身はツイッターやらねとらじやら、ピコーンやらという、情報ツールを使って自宅待機。

3連アウェイの2戦目。2連敗になるか、タイに持ち込めるか、大事な試合。
頼むぜ!と思いながら聞き入っていたねとらじから、最初に上がったのはどよめきでした。
先制されてしまった。。。そこからはもう、バクバクものです。
この試合、HONDA戦とは結構スタメンが変わっていて、改めて選手層厚くなったなぁ、と感じました。
それはさておき・・・。
その前回のHONDA戦では、先制されてから中々持ち直すことが難しくその後ずるずると行ってしまったわけですが、この日はちょっと違いました。

前半の内に同点!決めたのは初先発の南選手!おめでとう!

そして、後半早々には、今年2点目の泰成選手の得点で逆転!ありがとう!

その後もねとらじから、おおーとかううーとかドキドキする展開が聞こえる中、勝利で試合を締めくくることが出来ました。

いやぁ、よかった。
仮に2連敗になっていたら順位表上でもかなり厳しくなるし、チームの覇気にも関わる。
これで、気持ちよく来週のお隣宮崎での試合に向かえるのではないでしょうか。
ホンダロックに勝ってアウェイ3連戦を勝ち越しで帰ってきて欲しい。
(ゼルビア)日和@都田
miyakoda1
夕暮れ時の都田サッカー場

9月14日 いわゆる中断期間があけてその最初の試合。
都田サッカー場といえば、もうHonda FCですよ。

この中断期間前から、期間明けまでゼルビアには多くの選手が加入しました。
練習試合は見ていましたが、いざ実戦!と言う事で、アウェイの地に向かいました。

スタジアムに向かう道のりでは、そりゃもう美味しい鰻を頂いて応援に備えるなど。
そして夕景の都田サッカー場へと。

試合前のアップを見る限りでは、中々調子がいいのかな、などと感じていました。

そして試合開始。前半の20~30分位までは結構ボールも動いていて、後一押しで、という感じも強かったのですが、この時間を過ぎた頃から相手が対応し始めたと言うことでしょうか、うまく前へ運べなくなってきました。

そして前半のうちに相手に先制を許すこととなりました。
そこからは、試合巧者と言うべきでしょうか、相手にうまくペースを握られ、点が取れそうなんだけど要所を締められてしまって、結局後半に2点の追加点を許してしまいました。

こちらに傾きかけた時間帯もあっただけに悔しいですね。
そして、Honda FCは、強いというか、試合作りがうまいなぁと改めて感じました。
こちらの選手は若い世代も多いので、勢いに乗れればググッといけるんだけど、その点では先取点を奪われたのが痛かった。

今節は、上の2チームがドロー、金沢とうちが負け、お隣さんが勝ち。
上から大きく離されることもなく、3位からの転落も免れた。
しかし、さらに混戦の様相となって一節で順位変動します。
本当に一勝の重みが強くなってきた。もう上位とか下位とか、相手は関係ないですね。
とにかく、勝たないと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。