(___)日和?
(__)の中身は色々変わりますが、PCから、携帯から、画像も有ったり無かったりとごちゃごちゃしますが…。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(ゼルビア)日和@鳥取戦
試合前 試合後

さて、使用前、使用後のようにサムネイルを並べてみました。日曜日の鳥取戦です。

この2枚だけ並べてみると、「あら、ちょっと天気が曇ってたのね」みたいな印象ですが・・・
この2枚の時間の間に、とんでもないゲリラ豪雨に見舞われた野津田でした。

試合結果は右側で一目瞭然。引き分けました。

ただ、うちの得点はこれまで中々出られていなかった吉井選手によるもの。
ちょっと試合前に周りの方と話していたんですが、もちろんゼルビアの得点の多くをコージ選手が叩き出してるんだけど、実は、遠藤選手はじめ他の選手も結構取ってて、(ここ数試合はちょっと苦労してるけど)バリエーションはある、と。
そこで、また新たに点を取ってくれました。

基本的には、守備の選手だとは思うけど、コーナーとかの際には、期待したいと思います。

失点の方は、もう、もったいないの一点に尽きるのだけど・・・コロコロとチョロチョロと・・・はぁ。。。
ただ、終盤結構攻め立てられてしまっていた中、どうにか押さえることが出来てよかったなぁ、と言う感じです。
周りでは2位と3位が入れ替わる中、負けなかったこと、をポジティブに捉えたいですね。

次は、個人的には余りいい印象のない琉球。そしてその次は、長野。

チーム数が少ない分、難敵だらけだけど、勝利が欲しいぞ!
(ゼルビア)日和@久々…
だいぶん間が空いてしまった。
どうも文章が苦手なものだから、ね。

さて、私自身としては久々のアウェイ戦。
藤枝MYFC戦でした。

これまでの間、天皇杯予選やら、天皇杯1.2回戦やら、大森FCさんのTMやらと色々見に行っていたんですが、やっとゼルビアです。

これまでのところ、まだ1敗をキープ!してるとは申せ、藤枝と言うのはどうも昨年の印象が強く、開幕戦は快勝したとはいえやな相手だなと思うておりました。

試合は、ご存知の通り、超劇的な幕切れで勝ち点3をもぎ取ることができ、同行した皆さん共々、ホクホクした気持ちで帰路に着くことができました。

何より、長野が引き分け、金沢が敗戦した中で、苦戦したとはいえ3を積み上げることができたことは、一番の収穫だったなぁ、と。

ただし、やはり夏場は厳しいコンディションになりますね。
どちらが最後まで立っていられるか、みたいな戦いになります。

そんな中で、新たな選手の加入はありがたい。もちろん競争も激しくなるだろうけれども、そこはプロだから。

次節は、急に安定感が増して来たG鳥取が相手です。正直なところ、太田康介選手を擁する金沢が今節あんなにとられるとは思いもよらず、とても不気味です。

ですが、最後に笑うためにも、ここは堪えどころ。しっかり跳ね返して、逆に突き放して欲しいと思います。
藤枝戦の粘りを、もう一度、頼む。
(ゼルビア)日和@金沢
5月23日、金沢。昨年に引き続き今年もアウェイに参戦することが出来ました。

今回のアウェイ戦は首位攻防戦で、第2クールに入ったばかりとはいえ、重要な一戦。
(もちろん、どの相手でもどの試合でも重要な試合なんですけれど)

個人的には今年初めての長距離遠征。
金曜日の夜11時に町田を出て、翌朝に金沢着という、平均年齢高めの一団としては中々のハードスケジュール。その間ずっと運転して頂いているKさんには頭が下がります。(心の中でそっと感謝しています、この場を借りてお礼申し上げます)。

さて、アウェイの楽しいところは「食べること」はもちろんなんだけども、それよか、普段ホームではなかなか難しいゼルボラさんたちとも一緒に応援できること、だと思ったりしています。

そんな訳で、アウェイでは一層負けたくないんですよね。

この日の金沢さんのホーム側G裏のど真ん中には「太田康介」選手のダンマクが掲げられていて、なんとなく睨まれている感もあり。余計に負けたくなかったですよ。
さて、試合の方はというと、ちょっと最近入りと終盤にはらはらする事が多くて、なんとなくこの日もそんな展開が・・・。
ただ、攻めるときのパス回しなんかは結構はまっていた様に感じます。
だからこそ、先制点を奪う事が出来たのだと、あらためてJ3サイトを見て感じました。
危ないシーンも修行選手やDF陣の頑張りと、クロスバーなんかにも助けられて、どうにか0封できました。

そして、この試合がどれだけ大変で重要でそして嬉しい勝利だったか、というのは試合終了後の我がG裏の雰囲気のなかであらためて強く感じることができました。
本当に良かった。勝ち点3を持ち帰ることが出来て。

さて、そんな感じでいい気持ちで終える事が出来たので、我々一行は金沢から翌日の中央大学とのTMに直行という流れを選択。

強行スケジュールだったけど、このTMを見に行けたこともよかったなぁと。

リーグ戦で中々試合に出られていない選手たちも、結構動きが良くて、2日連続でゼルビアを楽しむことが出来ました。満喫でした。

次は近場とは言え、またもやアウェイのYS横浜戦。
前回の対戦では、色々とありました。ドローゲームでした。
今回はしっかり勝って、まだまだ続くシーズンの中でも一番きついであろう、これからの季節を乗り越えていってほしいと思います。
(ゼルビア)日和@第1クール終了
ゼルビアのJ3リーグは、第1クールが終わりました。
成績は、7勝3分1敗 得失点差+21。首位です。好成績と言っていいと思います。

しかし、全く同じ勝ち星で得失点差7差で、ツエーゲン金沢が2位につけています。
3位長野、4位鳥取、そして5位に盛岡。

ここから第2クールに入りますが、その初戦は盛岡。そして2戦目が金沢。
いきなりの上位対決。J3はチーム数が少ないから、回転が早い。
しかも3回対戦するってことは、相手を2回実戦でを見ることができた上での最終戦となります。
あらためて厳しいリーグだな、と感じてしまいます。

その中での、7勝3分1敗。
やはり、なかなかのものだと思います。

昨日(5月14日)の東京都サッカー選手権社会人決定戦で、カテゴリーからすれば2.5くらい下の東京海上日動さんとの対戦は、敗戦直後の公式戦で、メンバーが違うとはいえ勝利できたので、良かったなぁ、とホッとしました。

その試合の1失点と前節の1敗は、夏に向けての気付け薬くらいに思って、再度ここから行けばいい。

そんな風に感じています。
(ゼルビア)日和@第4節
3月30日。とんでもない土砂降りになりました。
せっかくの武相決戦と名づけられた試合でしたが、ちょっと残念。

この日は、グッズ売り場にて初代ユニフォームの展示と復刻版発売と言うことで、復刻版を購入しました。
しかしながら、冒頭でも書いたとおりの土砂降りのため、ポンチョを羽織ることに。一応着てはいたけど、ババーンという感じではなくなりました。。。

この日の相手は、お隣さん、ことSC相模原。
先日の記事でも書いたけれども、昨シーズンの最終戦で悔しい思いをさせられた相手です。
あれは、まだ記憶にも新しいわけで、今年はもう3タテ取るぐらいの勢いで行って欲しいと思っていました。

第1節、第2節の試合を見た感じでこの大雨でピッチ大丈夫だろうか、とかいう心配もあったのですが、そこは我がホームスタジアム野津田、ゼルビアに地の利があったと思います。
ここは町田のホーム、野津田ですから。

試合の方はもう、めがねも曇ってしまい、どう入ったかとか分からない中、おおおーというどよめきで先取点のゴールを知りました。。。コーナーのこぼれから深津選手が決めてくれたのですね。DF面でも無失点に抑える中心になってくれました!
そして2点目。これは目の前で決まったからバッチリ見えました。
星野選手のゴール!綺麗に決めてくれましたね。
あのコンディションの中守備も大変だったと思うし、実際ヤバイってシーンもいくつかあったけど、無失点。
2-0で勝利。これで1つ目の勝利。決戦は残り2試合ありますから、きっちり取って行きたいですね。

この日の試合は文字通り嵐の中で、看板が飛ぶなど色々ありましたが、事故もなくてよかった。。。

さて、次は首位のグルージャ盛岡です。地域リーグから飛び級で参入してきたチームですが、まだ負けていません。
斉藤広野選手も所属しています。琉球に守り勝って見たり、大量点取ったり、ちょっと怖いチームですね。

ゼルビアにとっては首位攻防戦になります。
アウェイですが勝ちきって、首位を奪取して欲しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。